黄金カメラ - iPhoneアプリの使い方

Let's enjoy a photograph, studying composition!

アプリの利用方法と画面の解説です。
※スクリーンマットのダウンロードについてはこちらをご覧ください。

ダウンロード

iTunesストアからダウンロード

使い方

1.スクリーンマットマットを参考に撮影してみましょう。

2.黄金らせんマットを利用すると黄金比を意識して撮影できます。

3.マットストアからマットをダウンロードしていろいろな構図、ポーズを参考に撮影してみてください。

4.風景、有名ジャケット風のマットもあります。

5.標準マットの例です。

Topへ >>

タイトル画面

カメラ

カメラ画面に遷移し撮影を開始します。

アルバムの写真を編集

カメラロールなどのアルバム画像にマットを重ねて表示・保存する機能です。アルバム編集画面に遷移します。

マットをゲット!

マットストアに遷移します。マットをダウンロードすることで様々な構図を参考にした撮影が可能です。

使い方

使い方を表示します。

i アイコン

バージョン情報を表示します。アプリをSNSに紹介したり、開発者に要望をメールできます。

Topへ >>

カメラ画面

写真を撮影する画面です。

(1) スクリーンマット(マット)

写真に重ねて表示されるマットです。このサンプルのように9分割などの標準マットの他に、ダウンロードしたオリジナルマットを重ねることができます。 左右フリックでマットを切り替えられます。
マットの表示設定は「スクリーンマットメニュー」で設定可能です。
※マットセット - 同種類のマットをまとめたマットのグループ。1セットに複数のマットが含まれます。マットセットを切り替えることで別の種類の複数マットを表示することができます。 標準マット全体を1セットとして扱います。マットストアでは1セットごとにダウンロードします。

(2) マット左回転

マットを左回転します

(3) マット反転

マットを左右反転します

(4) マット右回転

マットを右回転します

(5) シャッターボタン

撮影します。連写OFFの場合はタッチ時、連写ONの場合は押し続けるとシャッターを切ります。
※画像をすべて保存してから画像一覧画面に遷移できます。画像サイズが大きい場合は撮影時間がかかりますので注意してください。

(6) フォーカス/ホワイトバランス枠

画面にタッチするとタッチ位置に表示される小さい白枠がフォーカス/ホワイトバランス枠です。この枠の位置でフォーカス/ホワイトバランスを調整します。

(7) 撮影メニュー表示フリック領域

この領域を上にフリックすると撮影メニューが表示されます。

(8) 写真一覧へ

アプリ内写真一覧画面に遷移します。
※撮影直後は写真を保存するまで遷移できない場合があります

撮影メニュー

(9) 撮影メニュー非表示フリック領域

この領域を下にフリックすると撮影メニューが隠れます。

(10) 終了メニュー

撮影を終了してタイトルに戻ります。

(11) ドライブモード

連写OFF
連写ON(低速)
連写ON(高速)
※保存サイズが1920x1080 または High で連写をONにすると、保存サイズは1280x720に変更されます。

撮影メニュー

(12) 保存サイズ

320x240
640x480
1280x720
1920x1080
High(最高サイズ)
※連写ONで保存サイズを1920x1080 または Highにすると、連写はOFFに変更されます。
※サイズが大きいほど撮影後の保存に時間がかかります。

撮影メニュー

(13) 撮影設定

ズーム操作ビュー 画面左にズーム操作ビューの表示有無を設定します。
※ズーム操作ビューは上下ピンチイン/アウトで調整します。
ストロボ ストロボ利用有無を設定します。
カメラ切替 背面/手前いずれのカメラを利用するか設定します。

(14) 保存設定

保存先 撮影後どの領域に保存するか指定します。
App アプリ独自領域にのみ保存します。
CamRoll カメラロールにのみ保存します。
両方 アプリ独自領域とカメラロール両方に保存します。保存に時間がかかります。
マットも保存 撮影した写真にマットも重ねて保存するかどうか指定します。
はい 1回の撮影で1枚のマットあり画像を保存します。
いいえ 1回の撮影で1枚のマットなし画像を保存します。
両方 1回の撮影で2枚の画像(マット有、マットなし)を保存します。保存に時間がかかります。
Facebook自動投稿 ONにしてFacebookにログインすると、撮影した画像を自動的にFacebookのGoldCameraアルバムにアップロードします。   

撮影メニュー

(15) スクリーンマット設定

マット選択 現在のマットセットのマットをサムネイル表示して直接選択します。
標準マットの線の色を指定します。※ダウンロードマットは色を変更できません
透過(%) 標準マット・ダウンロードマットの透過率を指定します。
縦横比固定 ONの場合保存サイズのアスペクト日にかかわらずマットの縦横比を固定で表示します。OFFの場合は保存サイズに合わせて アスペクト比が変わります。
マット説明表示 ONの場合はマット説明バルーンをマットを切り替えるごとに表示します。OFFにすると表示しません。
マットストア マットストアに遷移します。
マットセット切り替え 利用するマットセットを標準マット、ダウンロードマットから選択します。ダウンロードしたマットセットはこのメニューで指定することで初めて利用可能になります。

マット説明バルーン

マット説明表示=ON でマットを切り替えると表示されます。
このバルーンで現在選択しているマットの詳細を確認し、撮影に役立てることができます。

(16)マット名

(17)マット詳細

(18)サンプル画像

(19)閉じるボタン

Topへ >>

写真一覧画面

初期状態

アプリ内に保存した写真を一覧表示します。撮影日時降順です。
※カメラロールとは別に保存されている写真を表示します。

(1) 撮影日

(2) サムネイル画像

(3) 撮影日時

(4) 画像サイズ(横x縦)

(5) この領域をタップすると写真詳細画面に遷移します

(6) 削除モード(次画面参照)に移行します

削除モード

アプリ内に保存した写真を1件ずつ削除するモードです。

(7) 削除選択ボタン。タップするとdeleteボタンを表示します。

(8) deleteボタン。削除します。

(9) 完了ボタン。削除モードを終了します。

リスト最下部

(10) すべて削除ボタン。アプリ内の写真をすべて削除します。

Topへ >>

写真詳細画面

初期状態

写真を拡大表示します
※ダブルタップすると写真をズームします。もう1回タップすると戻ります
※シングルタップするとタイトルバーを表示します(次画像参照)
※左右フリックで前後の写真に変更します。

タイトルバー

(1) アクションボタン。画像を利用したアクションを選択します。

アクションボタン選択後

(2) 編集画面に遷移します

(3) Twitterに投稿します

(4) Facebookに投稿します

(5) カメラロールに保存します

Topへ >>

編集画面

初期状態

編集画面では撮影済写真に対してスクリーンマットを重ねて批評/保存/SNS投稿する画面です。
※スクリーンマットの機能は撮影画面と同様です。

Topへ >>