Exif+ (ExifPlus) - iPhoneアプリの使い方

Let's enjoy a photograph by old lens!

=== このアプリでオールドレンズカメラライフを楽しみましょう! ===

[このアプリでできること]

・デジタルカメラの撮影情報(時間、ボディ、レンズ、位置情報)を記録しPCへ転送
※PC上で画像ファイルのExifタグに緯度経度、タイトルなどを設定
※本アプリにカメラ撮影機能はありません。デジタルカメラの撮影をサポートするアプリです

[こんな人におすすめ]

・コンパクトデジタルカメラで撮影した画像に後から位置情報を設定したい
・デジタル一眼レフ+オールドレンズで撮影した画像に後からレンズ情報等を設定したい

[アプリ概要]

このアプリはデジタル一眼レフ、コンパクトデジタルカメラで撮影したレンズ/位置情報等の撮影情報を自分で記録し、 後ほどそれら履歴を撮影した画像に反映するEXIF更新コマンドを出力するアプリです。

一般にM42マウント等のオールドレンズで撮影した際は、JPEG/RAWにレンズ情報が正確に残りません。
そのため後で画像を管理する際に「この写真はどのレンズで撮影したのだろうか?」となり、レンズと写真の関係を管理するのが煩雑になってしまいます。このアプリを利用すればその問題を解決できます。

[利用の流れ(使い方)]

1)撮影時のボディ、レンズ、位置情報を撮影履歴として記録。ボディ・レンズ交換・場所変更ごとに履歴を追加。
 ※自分のカメラ、レンズを設定しておくと入力が容易になります
 
2)一連の撮影終了後、撮影履歴と変換コマンドをDropBoxへエクスポート(zipファイル)
 
3)PC上でzipを解凍し各OS毎のシェル(※1)を実行。起動したコンソールにカメラから取り込んだ画像ファイル/ディレクトリをドラッグドロップしてEnterキーを選択。exiftoolによる変換が実行されExifタグが更新される

 ※1...Windowsシェル名=execute_this_for_win.bat, Macシェル名=execute_this_for_mac

[更新履歴]

  ・ver1.1 現在Mac向けスクリプトはAppleアプリ審査対策のため含めていません。Windowsをご利用ください。
  ・ver1.2 MacOSX上での変換に対応しました。DropBox転送後 execute_this_for_mac を実行してください。
  ・ver2.0 絞り(F値)の設定を追加。exiftool変換時の上書き設定を追加。
 
 ※誤更新防止のため、カメラボディ名、撮影時間が一致した画像のみ更新します。
  もしお使いのカメラで更新されない場合は機種名をご連絡ください。


[アプリの他に必要なもの]

・デジタル一眼カメラ、デジタルカメラ
・DropBoxアカウント
・PC (Windows or Mac)
・exiftool PCアプリ (http://www.sno.phy.queensu.ca/~phil/exiftool/)
※exiftool_k ではなく exiftool で実行できるようにインストールしてください

[注意事項]

カメラとiPhoneの時刻を正確に合わせてください。時刻がずれていると正確にExifを更新できません
・本アプリ・変換ツールによるファイル/ファイル情報の破損について開発者は一切の責任を負いません。
・画像ファイルは上書きされます。そのため対象画像は必ずバックアップしてから変換してくださ。
・Exifの仕様上オールドレンズのレンズ名をそのまま「レンズID」として記録することはできません。
   そのため他のExifタグに"Super-Takumar 55mm F1.8"といったレンズ名を記録する事でオールドレンズの撮影情報を記録してください。
・カメラ・レンズデータはM42を中心に主要なデータを選択可能としていますが、もし不足分がありましたらご連絡していただけると幸いです。
・本アプリは"exiftool"とは一切関係ありません。本アプリについて"exiftool"開発者には質問しないでください。

[更新可能タグ]

Artist,UserComment,Title,Description,
Copyright,Subject,位置情報

画面説明 - メイン機能

撮影履歴(トップ)

アプリを起動すると最初にこの画面が表示されます。
今までに設定した撮影履歴の確認と編集(削除)を行います。

(1) +ボタン

撮影履歴追加/更新画面に遷移します。レンズ交換、場所移動などセッティングに変更が発生した場合は履歴を追加します。

(2) 編集ボタン

履歴編集モードになります。各履歴の左側に表示されるマークを開店すると削除ボタンが表示されます。

(3) ゴミ箱

全撮影履歴を削除します。確認アラート表示後「すべて削除」で削除されます。

(4) アクション

Exiftool用コマンドをエクスポートします。

(5) 設定

設定画面に遷移します。

(6) 履歴開始日時

この撮影履歴の開始時間です。この履歴の範囲は 2013/1/23 18:47:03 から 2013/1/23 18:51:32 まで(次の履歴の開始日時まで)となります。

(7) カメラボディ名

この履歴のカメラボディ名です。履歴ごとにカメラボディの指定は必須です。

(8) Exifタグ更新設定1

Exifタグの更新内容1です。(Exifタグ名)=(タグの値)。レンズ名や任意の文字列を指定可能です。

(9) Exifタグ更新設定2

Exifタグの更新内容2です。(Exifタグ名)=(タグの値)。レンズ名や任意の文字列を指定可能です。

(10) 位置情報アイコン

履歴に位置情報を含む場合は位置情報アイコンが表示されます。位置情報を含まない場合はアイコンは表示されません。

ヒント - 撮影履歴 とは

本アプリでの「撮影履歴」とは、撮影開始日時・カメラ本体・Exif更新タグ/値・撮影位置情報 の一連の情報を1つにまとめたものです。
いずれかの情報に変更があった場合は + ボタンで追加画面に遷移し変更内容を入力し履歴を追加してください。

ヒント - 撮影履歴の修正

一度登録した履歴を修正する場合は、子の画面で履歴をタッチすると撮影履歴更新画面に遷移し、履歴を修正できます。

Topへ >>

撮影履歴追加

撮影履歴を新規追加する画面です。
レンズなどの機材変更、緯度経度変更時はこの画面で履歴を追加します。
すでに他の履歴が登録されている場合は、直近の履歴がデフォルト値としてプリセットされています。

(1) 完了ボタン

履歴を追加し撮影履歴画面に戻ります。

(2) Cancelボタン

追加をキャンセルし撮影履歴画面に戻ります。入力内容破棄確認の確認アラートが表示されます。

(3) Start DateTime

このセッティングによる撮影開始時間(履歴開始時間)を選択します。デフォルトで現在日時が設定されます。
履歴終了時間は次の履歴の開始時間です。

(4) Camera Model

機材のカメラ本体名を選択します。必須です。
タップするとカメラボディ選択画面に遷移します。

(5) Update Exif Tag1

更新対象タグ名1を選択します。1つの履歴につき任意の2種類のExifタグ更新設定が可能です。そのうちの1つ目のタグ名を指定します。(指定したタグ値は後程Exiftoolで変換されます。)
タップすると更新Exifタグ選択画面に遷移します。

(6) Exif Tag1 Value

更新対象タグ名1のExifタグに反映する値を設定します。
タップするとタグ値入力画面に遷移します。

(7) Update Exif Tag2

更新対象タグ名2を選択します。1つの履歴につき任意の2種類のExifタグ更新設定が可能です。そのうちの2つ目のタグ名を指定します。
タップすると更新Exifタグ選択画面に遷移します。

(8) Exif Tag2 Value

更新対象タグ名2のExifタグに反映する値を設定します。
タップするとタグ値入力画面に遷移します。

(9) GPS

位置情報有無状態。
ON=位置情報を設定する, OFF=位置情報を設定しない。タップして切り替え(OFF→ON の際に緯度経度を更新します)。

(10) Latitude, Longitude

取得した緯度経度。

(11) TimeStamp

位置情報を取得した日時

ヒント - 位置情報の取得タイミングについて

GPS(位置情報)の更新タイミングは以下の2種類です。
1)GPSを"OFF"→"ON"に切り替えたとき
2)撮影履歴画面から撮影履歴追加画面に遷移し、直近の履歴が GPS="ON" の場合
※緯度経度は自動で履歴に反映されません

Topへ >>

撮影履歴更新画面

撮影履歴を変更する画面です。
撮影履歴画面で履歴をタッチするとこの画面に遷移します。
操作方法は撮影履歴追加画面と同様です。

Topへ >>

カメラボディ選択画面

撮影履歴のカメラボディを選択する画面です。

(1) My/All

My=マイカメラ設定したカメラのみ表示(デフォルト)。All=すべてのカメラを表示。
マイカメラは 設定画面 - My Camera Body で設定します。

(2) Backボタン

キャンセルし前画面に戻ります。

(3) メーカードラム

カメラメーカーで絞り込みます。

(4) カメラリスト

(1), (3)の条件に一致したカメラリストを表示します。
タップするとそのカメラを選択し、全画面に戻ります。

ヒント - My/All について

設定機能でマイカメラを登録しておくとそれらのボディがカメラリストにすぐ表示されるので非常に便利です。

Topへ >>

更新Exifタグ選択画面

更新対象Exifタグを選択する画面です。

(1) Backボタン

キャンセルし前画面に戻ります。

(2) タグを選択しない

更新設定をクリアして戻ります。

(3) Exifタグ

更新対象Exifタグを選択します。選択中タグにはチェックマークがつきます。

Topへ >>

Exifタグ値入力画面

Exifタグの値を入力する画面です。
値を直接入力するか、 レンズリストからレンズを選択します。

(1) My/Allボタン

My=マイレンズ設定したレンズみリスト表示(デフォルト)。All=すべてのレンズを表示。
マイレンズは 設定画面 - My Lens で設定します。

(2) Backボタン

キャンセルし前画面に戻ります。

(3) タグ値

タグに設定する値です。 レンズを選択するとレンズ名がここに設定されます。
独自入力する場合は、ここをタッチしてキーボード入力してください。

(4) レンズリスト - レンズ名

(5) レンズリスト - レンズメーカー

(6) レンズリスト - レンズマウント

設定トップ

(1) Backボタン

前画面に戻ります。

(2) マイカメラ

マイカメラ選択画面に遷移します。

(3) マイレンズ

マイレンズ選択画面に遷移します。

(4) DropBox

DropBoxログイン/ログアウトします。

(5) About this App

バージョン情報を表示します。

(6) 使い方

使い方(このページ)を表示します。

Topへ >>

マイカメラ選択

(1) Backボタン

前画面に戻ります。

(2) メーカードラム

カメラメーカーで絞り込みます。

(3) カメラリスト - メーカー名

(4) カメラリスト - ボディ名

カメラボディリストを表示します。
タッチすると右にチェックが入りマイカメラとして登録されます。

Topへ >>

マイレンズ選択

(1) Backボタン

前画面に戻ります。

(2) メーカー/マウント指定

レンズメーカー/マウントのいずれで絞り込むか指定します。

(3) メーカー/マウントドラム

レンズメーカー/マウントを指定してレンズリストを絞り込みます。

(4) レンズリスト - レンズ名

(5) レンズリスト - メーカー

(5) レンズリスト - マウント

レンズリストを表示します。
タッチすると右にチェックが入りマイレンズとして登録されます。

Topへ >>